得得ニュース
得する情報お役立ちニュース  豆知識としてご利用ください

ほおずき市、東京・浅草で始まる

ほおずき市が、
9日から東京・下町の夏を彩る浅草寺で始まりました。

浅草寺のほおずき市は、
江戸時代、厄よけのお守りとして、
ホオズキが売られていたのが始まりとされています。

境内には、200軒以上のよしず張りの露店が並び、
赤く色づいた、およそ10万鉢のホオズキが所狭しと並べられていました。

朱色が鮮やかな丹波ホオズキが売れ筋で、1鉢2500円。

かつて薬効があるとして用いられた、
緑色の千成ホオズキも人気だそうです。

9、10日に参拝すると
4万6千日分の御利益があるとされる浅草寺の功徳日。

ほおずき市は10日夜まで開かれ、
浅草観光連盟は約60万人の人出を見込んでいるということです。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bigamc.blog27.fc2.com/tb.php/114-efbc09f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。