得得ニュース
得する情報お役立ちニュース  豆知識としてご利用ください

米国株式市場ダウ6日続落、週間では約1年3カ月ぶりの下げ幅

米国株式市場7月29日ののダウ工業株30種平均の終値は6営業日続落。

米連邦政府の債務上限引き上げ交渉の難航で米国経済の先行き不透明感が強まるなか、
4-6月期の米実質GDP(国内総生産)伸び率が
市場予想を下回ったことも先行き不安に拍車をかけました。

ダウ平均の終値は前日比96ドル87セント(0.79%)安の1万2,143ドル24セント。
ナスダック総合指数は同9.87ポイント(0.36%)安の2,756.38、S&P500種指数は
同8.39ポイント(0.65%)安の1,292.28と、いずれも5日続落しました。

7月の月間騰落率はダウ平均が2.2%安、ナスダック総合が0.6%安、S&Pが2.2%安。
ダウ平均は全30銘柄中、28銘柄が下落しました。
午前には下げ幅を157ドルに拡大する場面も。

週間では537ドル92セント安と、昨年5月7日までの週以来、
約1年3カ月ぶりの下げ幅を記録しました。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bigamc.blog27.fc2.com/tb.php/140-d072689f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。