得得ニュース
得する情報お役立ちニュース  豆知識としてご利用ください

サッカー日本代表チェコとドロー・・・チェコGKチェフの好守

サッカー日本代表は
7日、日産スタジアム(神奈川)でキリンカップの最終戦、チェコと対戦。

本田、長友らを中心に攻め続けましたが、
決定力を欠いて0-0で引き分けました。

ペルー戦では途中出場だった
本田、長友らが先発出場した日本は前半、遠藤、長谷部を中心に攻撃。

前半の終盤には遠藤のFKが相手GKチェフを脅かす場面もありましたが、
ゴールを割ることはできませんでした。

後半19分には遠藤に代えて家永を投入。

32分には本田が岡崎に浮き球パス、
岡崎は頭で合わせましたが、GKチェフが正面で弾く。

そのこぼれ球に李が詰めたが、GKチェフの好守に阻まれました。
結局、その後も攻め続けた日本でしたが、決定力を欠き無得点。

ペルー戦に続いて0-0で引き分けとなりました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://bigamc.blog27.fc2.com/tb.php/70-ef4d801b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。